月別アーカイブ: 2014年6月

キャッシングで注目するという信用情報ってなに?

キャッシングやカードローンで審査を受けるときや、クレジットカードの新規入会などで、信用情報開示の同意を求められます。今は携帯電話なども割賦払いとなっているので、携帯会社を移動したときに契約書と一緒にサインすることもあるかと思います。


キャッシング会社がチェックする情報

まず、信用情報とは過去に即日審査キャッシングなどを使ったことがある人は、そのときに借りた金額がいくらか、まだ返済の終わっていないローンがあるかどうか、返済で大幅な遅延などがないか、などをチェックすると言われています。過去に大きな事故がある、半年以内など近い期間に返済の遅延があるなど、事故情報と言われるものがある場合には、審査通過が厳しくなる、限度額が下がるなどの可能性もあるそうです。


過去の情報を知りたいときは自分で問い合わせを

この情報は、キャッシング会社とは利害関係がない会社、第三者機関と呼ばれるところで大切に管理されているものです。他人があなたの情報を、同意なく閲覧することはもちろん、できません。自分の情報が気になる場合には、会社に開示してほしいと求めれば自分の情報を見ることができるそうです。多くの場合、過去5年間をさかのぼることができるといわれています。

キャッシング審査で使う書類

キャッシングサービスを利用するときの審査はインターネット申し込みができる、ペーパーレスサービスを行う会社も増加していることで、即日審査などの人気がどんどん高くなっていると言われていますが、審査に使う書類などをご紹介します。難しい書類などはほとんどないので、不安になることもないそうです。


キャッシングでは本人確認書類を

キャッシングを利用するときに絶対準備しなくてはならないものが、本人確認書類です。免許証など公的に自分の身分を証明できるものであればOKという会社が多いですが、中には審査時間短縮のため、即日融資の場合のみ保険証を利用するというところもあるそうです。ほとんどの場合、この本人確認書類に縛りなどはありませんから、いつも使う身分証を準備したらいいでしょう。


写真などで添付できるものも

審査で控えを送る場合でも、携帯電話の写真などで撮影して添付すればいいという会社が多くあります。スキャンなどの手間やコピーを取る時間もかけなくていいので、自宅から出なくても融資を受けることのできる可能性があるということですね。収入や、借りる金額によっては、収入証明書の提出を求められるケースもあります。この提出は、借りる金額や会社によって条件が変わるそうです。

キャッシングは女性も安心

キャッシングサービスでは即日審査など、スピードを重視したサービスが最も高い人気のある金融商品と言われています。審査もインターネットで申し込み、手続きまでほとんどを完了できることから、心理的な負担も少なくなっていると言われています。


キャッシングで増加する女性の利用

ここでもう一つ増えているのが、女性の利用者だそうです。なかなか今までは男性が使うサービスと考えられていたそうですが、女性の社会進出や、一人暮らしの増加なども手伝って、女性で消費者金融などのキャッシング会社を使う人は、過去に比べると非常に多いと考えられています。そこで、女性がキャッシングを、もっとストレスなく使えるようにと考えられたのが、女性専用ローンだそうです。


女性が応対するから、相談も気軽に

女性特有の悩みなどで、融資を受けたい、または今の限度額よりも融資を増やしてほしいなどの相談は、男性が受け答えをすると話しにくいという声も多かったそうです。そこでレディースローンなどでは、電話応対を女性だけが対応することで、女性の心理的な負担を少なくするサービスを行っています。審査にかかる時間、利息面の違いもないので、物理的な負担が増えることもなく好評なのだそうです。

キャッシングのATM手数料をチェック

キャッシング会社では、カードローンに利用するカードをATMにさすことで銀行のキャッシュカードとほとんど同じように、借り入れの出金や返済の入金作業を行うことが可能となっています。そこで各社のサービスの差が出ていると言われているものにATMの利用手数料があるそうです。


キャッシングで馬鹿にならない手数料

消費税増税と共に、ATMも利用手数料が少しだけ上がりました。そのため、銀行でも大手銀行は利用手数料のかからないサービスを縮小するなど、銀行口座に一定金額以上の貯金があること、住宅ローンを契約している人だけ、などの条件があるそうです。キャッシングでも同じように返済には手数料がかからなくても、借りるときには百円前後の手数料がかかるところが多いのだそうです。


借り入れでも手数料のかからないところを

即日審査などの大きなメリットに、限度額までの金額であれば、自分の口座と同じように自由に使うことができるという声があるそうです。深夜でも、現金が必要となった場合には、すぐに下ろすことができる、さらに利用手数料のかからないATMが多くあるという会社を選ぶことで、利便性とお得度が同時にアップするという考え方ができるそうです。ネットバンクなどに増加しているそうですから、注目してはどうでしょう?

キャッシングを利用できる年齢

キャッシングサービスは二十歳以上の人で、自分自身に安定して収入があれば審査を通過できるというサービスがほとんどなのだそうです。銀行などが最近開始した少額ローンでも、アルバイト雇用者もローンを利用できるということをコマーシャルなどで告知しています。


キャッシングは二十歳以上

キャッシングサービスの場合、18歳ではなく二十歳以上という会社が多いそうです。成人していることが条件となるので、家族会員などでクレジットカードを所有できる年齢よりは少し年齢制限が高くなります。これは保証人などの制度を利用せず、借りた本人に返済の義務が生じるという法律上の、責任の問題などもあると言われています。学生でも二十歳以上であれば、利用に制限はないようです。


高齢者になると審査が厳しくなる?

キャッシングサービスや即日審査では、年齢に上限を設けている会社もあります。これは定年退職などを考えられた制限と考えられることが多いのですが、高齢になると一般的な意見として、収入を得ることが年金以外では難しいということもあるそうです。もちろん、定年をこしても収入を得ている人は多くいるかと思いますが、審査の上限としてだいたい75歳以下が多くみられる上限と言われています。